コインランドリー投資とは?具体的な投資方法について解説

コインランドリー投資は何をするの?

お金を数える

投資という言葉を聞いた事ありますでしょうか。投資の中でも副業として成立がしやすいと話題のコインランドリー投資について書かせて頂きます。まず、コインランドリー投資と聞いて、洗濯や乾燥ができるコインランドリーとは別なのか同じなのかと思いませんでしたか。そうなのです、コインランドリー投資とはその名の通りコインランドリーの運営をするためのものになります。コインランドリーを設置するための土地は狭くても可能なので他の投資とかよりも始めやすいのです。さらにコインランドリーは1回機材である洗濯機や乾燥機を設置してしまえばあとは人件費もかからずに使われる度にお金が入ってくるというおすすめポイントがあります。確かに点検などは必要ですがもし壊れていたりしてもその場合は、洗濯機や乾燥機などの機材メーカーに直接来ていただいて直してもらうだけなので運営をするのも楽です。では、なにか注意する点は無いのかと言うと、強いて挙げるのであれば、先程のメリットである人件費がかからないのは大変魅力的なのですが、逆に考えると誰もいないということで、両替機などのお金などを奪われてしまうようなリスクが考えられます。また、こんなに簡単に始められるということでライバルが多いのでよく利用されるようなアパートまわりなどは埋まっており他の場所で開いた結果収益が微妙になるというリスクもあります。

コインランドリー投資は簡単に始められる?

日本で投資をしているよという方は多数いらっしゃるかもしれません。しかし、投資という言葉だけ聞くと勉強しないと何をしていいか分からないから始められないという方もいるのではなしでしょうか。そんな投資に詳しくない方でも簡単に始められる投資方法がコインランドリー投資なのです。コインランドリー投資とはその名の通りコインランドリーの運営をしていくというものになります。でもお店を運営するとなると大変そうとだ思う方も多いでしょう。コインランドリーは無人で運営することが可能なので人件費もかからないので他のお店を運営するよりは遥かに低コストで始められます。ならば初期費用は何が必要かと言うと、コインランドリーなので洗濯機、乾燥機はもちろん両替機が必要だし運営するための土地と物件も必要です。物件を契約する際には老舗でその地域のことをよく分かっている不動産会社に行くのをおすすめします。なぜならば簡単に始められるコインランドリー投資は、ライバルが多いからです。ライバルが多いとなると駅前だったり一人暮らしの人が多いであろうアパートなどの近くには既にコインランドリーがあったりします。そのため、地域のことをわきっている老舗の不動産会社へと行って相談するのが1番安心できるでしょう。

空き物件をコインランドリー投資に転用しよう

市街地や郊外に所有する不動産物件の空きが問題になっていませんか?以前までコンビニエンスストアや販売ショップのテナントとして利用されていたものの、客足が悪く閉店後は同様の事業目的での契約が成立しないままとなっているのであれば、コインランドリー投資に転用するのがおすすめです。空き物件のまま、維持するのは収益性がゼロなだけでなく、維持コストも無駄になります。一方、コインランドリー投資に転用することで収益ゼロという問題を解決することができます。
コインランドリー投資は利用者が少なく収益性が低いと思いがちですが、都市部や郊外でも利用者を確保することができます。自宅で洗濯機があれば需要がないと思えるものの、家庭用の洗濯機は容量が少ないだけでなく、大量の衣類、タオルケットや毛布などを洗濯するのも困難です。そのため、コインランドリーに設置される大型の業務用洗濯機の需要が高まります。また、洗濯機だけでなく乾燥機などは梅雨時期、冬場で寒き乾きにくい時期などは重要が高く、空き物件の収益化が期待できます。そのほかにも、コンビニエンスストアがあるような場所は、マンションやアパートなどの集合住宅も多く、コインランドリーなら夜間でも利用できるなど一人暮らしの需要も確保できます。契約希望が望めない空き物件をコインランドリーにし、収益ゼロを解消しましょう。

収益ゼロ解消が期待できるランドリー投資を始めるなら【あるゾウランドリー】をビジネスパートナーにしましょう。100万円台からスタートできるのでハイリスクな不動産投資よりも遥かにお手軽です。

オススメ記事

更新情報

TOP